ノンオイルダイエットで乾燥肌に!肌トラブルを招く食事制限

乾燥肌と毎日の食生活には関係があります

30代に入ってから突然、乾燥肌デビューしました。20代まではどちらかといえばオイリー肌だったのに、急な遅咲きデビューです(笑)
年齢的な肌の衰えかと最初は思っていたんですが、1つだけ心当たりがありました。

 

実は30歳になるかならないかの時に、意を決して大きなダイエットにチャレンジしたんです。
ローカーボだったり、運動だったり、複合的に「ダイエットに効きそうなこと」を試していたんですが、そこで行った1つに「ノンオイルダイエット」があったんですね。これは文字通り、食事から一切の油を抜くダイエット方法。

 

このノンオイルを徹底した食生活がいけなかったみたいで、体重も減ったのは良かったのですが、肌が急にかさつくようになってしまったんです。乾燥肌と食事には密接な関係がある事を痛感しました。

 

乾燥肌で困るというか、嫌なのは、冬になると粉をふいたようになることです。
女性だと化粧品や何かでカバー出来ると思うんですが、自分は男なのでそういったことに明るくもなく……。

 

でも、職場の同僚(女性)に相談すると、「いや、男でも今は普通にスキンケアするでしょ」とのことで、教えを乞いながらケアに励んでいます。

 

男でも乾燥肌はイヤ!初めてのスキンケアに挑戦

これまでは洗顔料だけだったのが、化粧水と保湿クリームも使うようになりました。
同期の言っていたことでためになったのは、「化粧水は肌に飲ませるように使え」ということですね。
けっこう高い化粧水を買ってしまったので、けちってちびちび使っていたのですが、それではダメだと言うのです。

 

手のひらにたっぷりとって、体温で温めてから、顔にあてる。
手の温度ごと伝えるように、手のひらでパックをするように、染み込ませる。

 

外部からのケアだけではなく、もちろん内部からも。
今では油も「適量」をとるようにしています。
太っていた時代が怖いので、かなり抑えめではありますが、自炊をして、オリーブオイル等の良質なものをとるようにしていますね。

 

これでだいぶ私の乾燥肌は改善されて来ました。地道な努力ですけど、毎日の積み重ねが大切ですからね。

 

「男だからスキンケアは面倒……」なんていうのは甘えだなあ、って自分がやってみて思うようになりました。
肌がカサカサして粉を吹いているようでは、第一印象が決して良いとは言えないので、仕事の面でもプラスには働きません。

 

身の回りで肌が奇麗な男性は、聞いてみるとやっぱり何かしらのスキンケアをしているものです。
最低限でも、冬の空気が乾燥する季節は、男性でも化粧水などを使った方がいいですね。

 

油ものもお肌にとっては必要な栄養

今回のノンオイルダイエットで分かった事は、ある程度の油は体にとってもお肌にとっても欠かせないものだという事。
私の体験を逆に考えると、オイリー肌の人は油分を控えてみると肌の状態が変わるかもしれません。

 

中々毎日気をつけるのは難しいですが、バランスの良い食生活はやっぱり何より大切です。

 

お肌に必要な栄養というと「コラーゲン・ビタミンC・ヒアルロン酸」などの美容成分が最初に浮かぶと思いますが、瑞々しいお肌を維持する為には「程よい油分」も必要なんです。

 

私のように突如として乾燥肌デビューをしない為にも、毎日の食生活を少しだけ見直してみてください。

 

特に独身生活で、好きなものばかり食べている人やコンビニ弁当が多い人は要注意です!